[本文はここから]

将来志向を考えた良質な解決

二次相続を含めた人間関係を考慮し、また遺産のうち不動産を誰が相続しどのように運用するか等につてい検討する必要があります。2人の調停人が両当事者から希望を聞き公正中立の立場から将来設計を考慮した解決案を出すことにより将来志向型の解決ができます。

 

  • 虎ノ門相続問題解決センター ─ 裁判外紛争解決機関(ADR)
  • 〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル9F TEL:03-5501-2301 FAX:03-5501-2467
  • COPYRIGHT © 虎ノ門相続問題解決センター All Rights Reserved.