[本文はここから]

円満に遺産相続の問題を解決します

相続に関する紛争を,裁判所の手続きによることなく,弁護士が調停人となって,公正中立に両当事者の意見を聞き,簡易・迅速・低廉に解決することを目的に設立されました。

相続問題は誰もが経験します。身内が死亡し悲しみがさめないところへ相続手続きを進めなければなりません。遺産が残されたとき,相続税の申告や遺産分割をする必要があります。遺産分割で相続人間で考え方の相違があり,こじれるとそれまで円満であった人間関係が破壊してしまうことがあります。

また、遺産相続に関する家庭内の問題について,裁判所でやり取りすることは,たとえ紛争が解決できたとしても,二度と円満な人間関係を取り戻すことが困難なことが多いのが実情です。当センターでは、相続人間においてできるだけ円満に遺産分割が成立するために、調停(弁護士が間に入り,意見を調整し当事者が解決案に合意をすることによって紛争を解決する手続き)仲裁(両当事者が仲裁人の判断に従うことを合意して,仲裁人が公正中立の立場で,一定の仲裁意見を出して紛争を解決する手続き)を用意しています。

  • 虎ノ門相続問題解決センター ─ 裁判外紛争解決機関(ADR)
  • 〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル9F TEL:03-5501-2301 FAX:03-5501-2467
  • COPYRIGHT © 虎ノ門相続問題解決センター All Rights Reserved.